忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1722] [1721] [1720] [1719] [1718] [1717] [1716] [1715] [1714] [1713] [1712]
一応・・・積ん読の一部は崩せたかな。

 年単位で積んだままになってたヤツを。





 タイトルは「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる」。

 ファミ通文庫全5巻+1巻という構成です。

    

    


 第1巻の発行が2014年6月で,第5巻の発行が2015年9月って・・・今更考えると,結構いいペースで刊行してたんだなぁ・・・。

 で,+1巻が2016年3月。


 第1巻は割合スムーズに読めましたが,2巻,3巻と進むにつれて,微妙に引っかかる感触があったのは確かです。

 高校の演劇部が中心になっているのと,演劇そのものについてもかなり緻密に描写されているので,内容が濃いのもありますが,そういう分かりやすい物が理由ではなく,何かは分からないけど引っかかる,という感じで。

 で,第3巻のラストでちょっと・・・になってました。

 ただ,「もうダメ」にまではなってなかったので,4巻も買い,少しずつ読みながら,そうこうしているうちに発売になった5巻も買い(でも,4巻を読み終わっていないので中身は見ずに),そしてまた4巻が読み終わる前に+1巻が発売となったのでそれも買い・・・の辺りだったか,買った後だったかに,この作品が終了(打ち切り)と知って,ビックリ半分,納得半分になり・・・。

 そうこうしている間にも,他に色々と興味惹かれる本もあったりで,積んだままになっていました。


 だったんですが,勢い付けて1~3巻を斜め読みして,その勢いで4巻,5巻,+1巻と読破しました。


 で・・・ざっとした感想として・・・

・個人的評価としては,良い(積極的肯定)~悪くはなかった(消極的肯定)の間。
 ただ,誰にでも勧められるおもしろさではないが。

・打ち切りになるのも,分からなくはない。読み手は選ぶだろうな。とは思う。

 の2点が大きな所です。

 5巻の後書きで,打ち切りに関する経緯(売り上げの問題)や,それに関する作者の判断などがある程度は書いてありますが,上述の通り,幅広く受け入れられるような内容ではないと思っていたので,まぁ,納得かな。と。

 文庫本の最終巻となる5巻の最後では,物語としては完結していません。

 これについては編集部と作者の意向です(今回は作者の意向として,無理矢理完結させる形にはしなかったようです)。

 ただ,このままだったら,絶対に不完全燃焼だったところですが,+1巻でそれなりにその後が語られていたので,納得できたかな。という感じです。

 まぁ,幸か不幸か,そこまでのめり込んだ作品でもなかったので,それで納得できた,という部分は確かにありますが。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/03 ナーラー・ヤナ]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索