忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126]
産総研,反射防止機能付きレンズを安価に大量生産できる技術を開発---金属ナノ粒子で金型に微細構造を形成

注:記事を読むには日経Tech-On! へのユーザー登録(無料)が必要です。

これまでレンズの反射防止(外光の映りこみの防止)というのは,表面に反射光を抑制するためのコーティングが必要だったわけですが,レンズ表面に微細構造を形成することでその代わりにした。
コーティングでは処理が難しかった形状のレンズにも有効だ。
ということです。


この記事を読んで最初に頭に浮かんだのは ・・・・ CRTディスプレイの「ノングレア」処理。
要は同じことみたいですね。
表面に微細な凹凸を加工しておくことで,外部からの光を散乱させて,反射を抑える。と。

ちなみに,ディスプレイに関しては私は「ノングレア派」です。
いや,職場にも一台光沢液晶ディスプレイのマシンがありますが,それを使う時は正直目が疲れるというか,違和感がすごいです。


ただ,この技術のポイントは,レンズを作ってから表面を加工しているのではなくて,あらかじめ金型の方に微細加工をほどこしておくこと。だそうです。
その金型でレンズを作成することで,レンズ表面に微細構造ができあがり,それによって反射防止が実現される。と。


>コンパクト・デジタル・カメラや携帯電話機用カメラモジュールのレンズの製造にも有効だという。
のですが,これらのレンズの反射防止って,そもそもカメラとしての性能に関係するんだろうか?
・・・・ とか思ったら,その下にグラフがありましたね。
可視光領域での透過率が上がってますね。
それは確かにカメラとしても有益かも。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索