忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1409] [1408] [1407] [1406] [1405] [1404] [1403] [1402] [1401] [1400] [1399]
流しの上に設置してある蛍光灯が切れたのが・・・2ヶ月ほど前の話。

 即座に交換しようとして・・・建築屋(より限定して言えば,その照明の設置作業を担当した作業員)を怒鳴りつけたくなるような,とんでもない問題が発覚。


 ・・・蛍光灯のカバーが外せない = 蛍光灯の交換ができない,という大問題が。





 細かい理屈はさておき,実際問題として手元が暗いのは困る。ということで,アレコレ考えを巡らせることに。

 その中には当然ながら,「カバーをぶち壊してでも取り外して,蛍光灯を交換する」というアイデアもありました。

 正直言えば,それが筆頭だったわけですが<マテ


 いや,現実問題として言うと,その後の使い方を考えるとメリットが大きかったのも事実です。

* カバーを無理矢理外して,蛍光灯を交換
メリット
 元々作り付けの器具なので,追加配線が不要。
 ついでに言えば,大きめのスイッチが用意されている。
デメリット
 カバーの代わり,ないし固定をどうするか。

* 別の照明器具を取り付ける
メリット
 今後の交換作業が楽。
デメリット
 新しい照明器具の固定,配線の手間。見た目の問題。
 スイッチの操作の問題。

 個人的には,スイッチの問題は小さくないのですが・・・。


 と思いながら,仕事帰りに普段はよらない店に足を踏み入れ,ふと照明コーナーへ足を向けると・・・なんと,真正面によさげな製品が鎮座していました。



 本体部分の寸法が,長さ600×幅30×厚み8(mm)という代物で,現在絶賛役立たず中の蛍光灯のカバー部分にそのまま取り付けても問題なさそうな大きさ。

 オマケに,「非接触スイッチに手をサッとかざすだけで、電源をオン/オフできる」という代物です。


 えぇ。即決で購入しました。


 帰ったら早速作業開始です。

 現物あわせで設置場所を確認し,固定用金具の取り付け位置を調整。

 OAクリーナーで汚れを落としてから付属の両面テープを使って金具を固定。

 だけだと,不安が残るので,木ねじで補強しておきます。

 そして,本体を取り付け,ACアダプターを壁面のコンセントに差し込んだら,電源コードを配線。

 と,15分ほどで作業完了。


 さて・・・電源をオン。

 をぉ,十分明るいです。


 難点としては・・・非接触スイッチの感度というか,検出範囲がもう少し広いとよかったかなぁ・・・。

 5cmって,結構狭いです。

 あ,ちなみにこの製品,長さが30cm,60cm,90cmの3種類で,それぞれに昼光色,電球色があります。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9
10 11 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索