忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1416] [1415] [1414] [1413] [1412] [1411] [1410] [1409] [1408] [1407] [1406]
ちょっとした油断・・・と言うか,そんなパターンがあるなんて聞いたこともなかった&思いもしなかったリカバリの落とし穴にハマってしまいました。





 Windows7時代に,ダウングレード権行使でXPProプリインストールで購入したマシンです。

 用途変更ということで,7Proでリカバリを掛けることに。


 購入時点で,Windows7Proのリカバリディスクは添付されていたので,何の問題も無いはず。と気軽にリカバリを開始し,他の仕事でその場を離れたりしながらも,まぁ,メーカーが用意しているディスクだから問題ないだろうと考えていました。

 が・・・リカバリが最後まで完了した時点で席を離れていたのが・・・問題だったかも。


 完了してから席に戻ってくるまでどの程度の時間が経っていたのかは分かりませんが,Windows7を最初に起動した時のセットアップ画面になってはいました。

 同じメーカーの製品でも,最近はWindows7Proインストールマシンを購入しているので,その際のセットアップで見慣れた画面です。


 ただ1点・・・英語表記であることを除けば。


 まぁ,セットアップの手順(と設定項目,設定内容)は部署でマニュアル化されているわけで,それに従って作業をすれば,英語表記になっていても大きな障害ではありません。

 が,最低限のセットアップが完了して,表示されたデスクトップ画面でも英語表記となれば・・・それは話が別です。


 まさか,添付のリカバリディスクが英語版だったのでは,と見てみると・・・2枚目のディスクは「Japanese」の表記がありますが,1枚目のディスクは「Multilingal」の表記が・・・。


 どーゆーことだ・・・。


 で,再度リカバリを実行することに。

 もちろん,途中で離れるなんてことをせずに。


 その結果,リカバリ完了直後に,言語選択のダイアログボックスが表示されていることが分かりました。

 しかも,デフォルトが「English」で。


 一定時間経過で,そのまま作業が進むようになっていたんでしょうかね。

 そのダイアログボックスで「日本語」を選択して次の画面に進むと,見慣れたWindows7のセットアップ画面が(もちろん,日本語です)。


 と,分かってしまえばどうということはなかったのですが,分かるまでが精神的にキツかったです。

 リカバリ1回分余分に時間が掛かったのも確かですし(苦笑)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[08/03 ナーラー・ヤナ]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索