忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[954] [953] [952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944]
はコレです。

 そりゃ,もう,即決でしたよ。

 値段もそれなりでしたが,その値段を出した価値はありました。

 これまでに購入したことのあるF-14関連の書籍ではほとんど載っていない細かいパーツの写真が満載でしたから。

「スーパーディテールフォトブック」の名前は伊達ではなかったと思います。

PR

コメント
ま、また
 今月のモデグラの広告を見て、「うわ~すげ~ど~しよ~」となった本を・・・(笑)

 ただ、どうしても私にはF-14は『古典的名機』なので(多分初めて作ったプラモデルがF-16だったからだと思う)、「まぁ、本屋で見かけたら考えるか」で終わったのですが。

(F-Xがユーロファイタータイフーンにならんかなと思う、英国面に堕ちたキツネソバスキー。出来れば日本向けは改良型『テンペスト』で>マテ ・・・合理的に考えると松島のF-2BをA化+教導隊のF-15をF-4EJ後継にして、F-2Bの代替にグリペン、F-15の代替にSu-35を導入(リース)した方が。で、F-XXのF-35ライトニングⅡまで凌ぐとゆーのは駄目でせうか)
【2011/12/01 14:46】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]
私の場合
戦闘機方面にハマることになった切っ掛けと言うか,一目惚れした戦闘機と言うか・・・な存在だったりします。

 その出会いは科学雑誌Newton(笑)

 1982年5月号の「SUPER MECHANISM」で「可変翼戦闘機」というタイトルで紹介されていた,僅か4ページの記事です。

 が,ハマりましたよ。えぇ。
 本屋で見つけて即決する位には(笑)

 ついでに言えば,学生時代の研修旅行でスミソニアン博物館(群)に行った時には,航空博物館に一番長居したあげく,自分の語学力も顧みずにF-14の書籍を2冊買い込んできたくらいです。


>F-X
 う~ん・・・どれも・・・ねぇ。
 AAM-3,AAM-4などの日本製の武装との適合性は大きな問題かと思います。
 F-35の場合,お値段の方がどうなんでしょ。

【2011/12/01 22:19】 NAME[ナーラー・ヤナ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索