忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1517] [1516] [1515] [1514] [1513] [1512] [1511] [1510] [1509] [1508] [1507]
メーカー製のマシンって,出荷時点でのHDD(含SSD)のパーティション設定は,基本的に1パーティションになってるのがほとんどですよね。

 つまり,ユーザーが使える容量を全てCドライブに割り当てている。と。

 メーカー直販サイトなんかだと,たまにカスタマイズ可能なものもありますけど。





 ただ,現実問題で言うとOS(とアプリケーション)のドライブとデータ用のドライブを分けるのはデータ保全のための極初歩のテクニックなので,私としては新マシン導入時の最初の作業がパーティションの切り直しになります。

 確かFMV-R8270(Vista)を購入した時だったと記憶していますが,購入直後の最初の作業がパーティションを切り直すためのリカバリでした。


 それに比べると,Windows7はかなり楽です。

 OSの標準機能でパーティションサイズの縮小ができるようになりましたから。


 ただ,ちょっと癖があるのは確かですね。

 一番のポイントが「今のパーティションサイズ」から「変更後のパーティションサイズ」を指定するものではない,と言うこと。

 今回,それが分からずに余分な時間を費やしました。


 そもそもが「パーティションサイズの変更」ではなくて,「パーティションの終了位置を前にずらす」=「(結果としての)サイズ縮小」だということなんですね。

 最初,それが分からずに「今のサイズが***GBだから,△△△GB位に縮小したいな」で作業を始めたため,表示されている項目の意味が分からずに作業が進まない(確信を持って進められない)ということに。


 検索して,いくつかのページを読み比べて・・・ようやく判明。と。

 結果,当初の予定とは変更後のサイズが多少違う物になりましたが,新しいパーティションを2つ作成完了。

 うち1つがデータ保存領域で,残る1つがスワップファイル(当然ながらサイズは固定)とテンポラリファイルの領域です。


 こうしてみると・・・やっぱり自分で最初っからOSをインストールする方が色々と自由度は高いんだよなぁ。

 マザーボードの機能に関するデバイスドライバ類(オンボードのLANやサウンド類)のインストールとかの手間が増えるとは言え。


 ・・・悩ましいところだ。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/13 Larryhoark]
[10/13 Michaelsnill]
[08/03 ナーラー・ヤナ]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索