忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1429] [1428] [1427] [1426] [1425] [1424] [1423] [1422] [1421] [1420] [1419]
できあがったリカバリディスクの枚数が違うのは・・・何故?





 業者から購入したパソコンは,管理部門で最低限の動作確認と初期設定を施されてから,各個人に渡すことになっています。

 で,その納品直後の動作確認の一環に,リカバリディスクの作成があるのですが(Windows7のリカバリディスクは付属していないので作成が必要 & 光学ドライブの動作確認)・・・先日納品されたノートパソコンで,奇妙な事態が発生しました。


 納品されたパソコンへの動作確認,初期設定などは全てマニュアル化されているのですが,そのマニュアル通りに作業をして・・・できあがったリカバリディスクの枚数が違うのは何故でしょう?

 同じメーカーの同じ型番のノートパソコンです。

 ・・・何故?


 さすがにその動作確認のためだけにディスクからのリカバリをやるのは手間だし・・・かと言って,もう一回,リカバリディスクの作成をするのも無駄な気が・・・。

 どーしたもんだろうか。

PR

コメント
う~ん
 何でしょうね>リカバリディスクの枚数が違う

 可能性としては、
1.ハードの型番は同一だがソフトウェアのバージョンが違った。
2.リカバリディスク作成時に各ディスクへの分割を決めている→たまたまディスク枚数が増える(減る)分割になった。
(OS他の基幹部分は別にして、アプリケーションは「リカバリディスクに入れてね(はぁと)」というタグ付けだけにしておき、リカバリディスク作成時に各アプリの容量に応じて分割を決めた方がBTOやバリエーション違いに対応し易いのかなと。さもないとアプリケーションの増減・Ver.違いの度にリカバリディスク作成ソフトの設定まで変更しないといけない)


 以前どこかで『リカバリディスクの作成には複数枚の空のDVD-Rメディアが必要です』というアバウトな説明書きを見た覚えがあるのですが、これが↑のような理由からなのか単なる複数バリエーションに対応したマニュアルだったのかまでは確認しなかったもので・・・申し訳ない。


(近日ア○リカ出張(汗)になりそうなキツネソバスキー)
【2015/09/13 22:14】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索