忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379]
つい最近気づいたこと。

現在,自宅のメインマシン,仕事場のノートPC全てにおいてPC-9801-119キーボード(Windowsキー,アプリケーションキーが付いたPC-98シリーズ専用キーボード)を使用しています。当然ながら,直接の接続はできないので,キーボードコンバータを介して,ですが。

なんですが・・・ナゼにWindowsキーを使いませんか > 自分

スタートボタンにアクセスするのに,何でCTRL+ESCのショートカットキー使ってるかなぁ(苦笑)


いや,発端は割にはっきりしています。
PC-9821Xt13&Windows95の時代の話です。

Xt13を購入したのがWindows95の発売直前だったので,当時本体に付属していたキーボードはPC-9801-106(Windowsキー,アプリケーションキーが存在しない)でした。

Windowsキー,アプリケーションキーはMS-DOSでは何の役にも立たなかったうえに,Windows95の導入自体が遅かったので,それまでは何の問題もなかったのですが,Windows95を使用し始めると,ちょっと問題がありました。
マウス中心の操作が煩わしく感じたんですね。それでキーボードを中心とした操作を模索するようになっていた・・・ような憶えがあります。

となると,Windowsキーの代用となる,CTRL+ESCのショートカットは真っ先に憶えるわけです。
そもそも,Windows95の稼働自体が少ない,DOS/Vの106キーボードの用にCTRLキーとESCキーが遠く離れて押しづらいわけでもない,とあっては,動作そのものに何の問題もない(故障しているわけでもない)キーボードを買い換えるなんて発想は存在しませんでした。

・・・それ以前に,当時のPC-98シリーズでキーボードの単体販売は憶えがないんですが(笑)

で,そんな状態でCTRL+ESCを使うクセがしっかりと体に染みついてしまっていた,というわけで今に至ります。


Windowsキー+L(コンピュータのロック)は多用してますけどね。
仕事中に席を離れるときとか。

なのに,なんで一発でスタートメニューにアクセスできるWindowsキーを使わずに,CTRL+ESCのままなんだろうなぁ(笑)

まぁ,クセなんて理屈じゃないんでしょうが。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 5 7 8
10 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索