忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229]
パソコンのエスケープキー、何から逃げられるの? exciteニュース

って,言われてみれば確かに最近はESCキーを使う場面って・・・少なくないんですけどね。実は(笑)

例えば,MS-DOS(&PC-98シリーズ)のワープロソフトと言えば,やはり「一太郎」ですが,コイツはESCキーを押すと機能のメニューが表示されていました。

Windows版になってもそれは継承されていますね。


>Escキーは、ひとつ前の操作などを取り消すときに使うキーです。Escキーの機能はアプリケーションによってさまざまですが、基本的には操作の間違えを取り消すことを意味しており、“キャンセルボタン”と同じ目的で使います

確かに,MS-DOSの時代には画面に表示されるメニューの項目の中にキャンセル(取り消し)って存在していなくて,ESCキーでキャンセルっていうのが一般的だった憶えがあります。


Windows3.1の時代になって(って,あんまり使ってませんが),CTRL+ESCをタスクの切り換えメニュー表示の為に良く使うようになりました。

その後,Windows95以降ではCTRL+ESCがスタートメニューの表示(Windowsキーと同じ扱い)となったので,ますます使うようになりました。

当時使っていたマシンがWindows95登場以前の機種だったため,キーボードにWindowsキー(とアプリケーションキー)が装備されていませんでした。

だったら単純にマウス中心の操作に移行していればよかったんでしょうが,その状況でもなおMS-DOSアプリケーションを中心に使っていたため,キーボードでの操作を第一にやっていたので,自然とCTRL+ESCを多用するようになっていました。


そのクセが染みついているおかげで,キーボードをWindowsキーが装備されたものに代えてからも,Windowsキーを押すよりもCTRL+ESCを使う方が多いですが(笑)


とまぁ,MS-DOSの時代からPCを使っていると,結構使うクセは身についてると思います。

って,近年でも,日本語入力IMEでの未確定文字をまとめて消す場面とかで使いますね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 8 9 10
13 14 15 16 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索