忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1167] [1166] [1165] [1164] [1163] [1162] [1161] [1160] [1159] [1158] [1157]
ビジネスなどでよく使われるスタンプは,概ね文房具店で手に入りますが,ちょっと変わったデザイン・内容の場合,どーしたものかいな。ということになります。


 で・・・かつて勢い余って買ってしまったのが,キングジムのスタンプメーカー(スタンプ作成機)「たいこバン!」です。

 購入が・・・1996年(笑)



 実はこの「たいこバン!」にはいくつかの機種があって,私が購入したのはその最初のヤツです(型番:HC505)。

 後の製品では,文字入力がキーボードになったり,ネーム印(いわゆる,三文判)が作れたりしていましたが,幸いなことに身の回りではそこまでのものが必要なく,十分なことができていました。

 正確には,現在進行形で役立っています(笑)


 原理としては,紫外線硬化樹脂になります。

 印面に一定の厚さ(1mmほど)で樹脂が塗布してあって,必要な部分にのみ紫外線を当てて硬化させておいて,不要部分(硬化していない部分)を洗い落とすことでスタンプができあがる。ということになります。

 この製品の発想の凄いところは,不要部分のマスクを作成するのに,熱転写プリンタのインクリボンを使っている。という点です。

 スタンプですから,そのスタンプの印面が分かるように印面の反対側にそのイメージをシールで貼り付けるのですが,そのシールが熱転写式のプリンタになっています(これが本体に組み込まれている)。

 で,そのシールを作成すると・・・古い熱転写式のプリンタのインクリボン(使用済み)を見たことがあれば一発で分かるでしょうが,印字した部分の字の形がくりぬかれた形になっています。

 そのインクリボンをマスクにすることで,その文字(やイラスト)の形に紫外線が当たるように工夫がしてあるわけです。


 という代物で,個人的には結構役に立っていたわけですが,ふと気付いたら,本体は製造終了していました。

 スタンプや製版カセットなどの消耗品はまだ入手可能ですが。


 で,ふと気付いて調べてみたら・・・家庭レベルでスタンプが作成できる機械って,現在はブラザーのスタンプ作成機「SC-370PC」くらいなんですね。

 んでも,作成できるスタンプの種類とサイズからすると,業務用の「SC-2000USB」の方が欲しくなるなぁ・・・。

 値段は10倍以上ですが(笑)


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7
12 13 15 18
19 20 23 24
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索