忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
理系白書:番外編 「世界知識対話」スイスで 文理、歩み寄り狙い

まぁ ・・・・ 自分の学生時代を振り返ってみても,確かに文系理系の溝は深くて広いと思います。
私自身にしても,自分が理系人間なもので,進学先は当然理系学部。ということは,専門教科(必修教科)は当然理系科目だし,自分が選択して受講していた講座も大半は自然科学関係です。今にして思えば,もっと社会全般に関わる事(経済,経営とか)も勉強しておくべきだったとは思いますが。

そうしてみると,あんまり早い時期での文理のコース分けっていうのも善し悪しなのかも知れません。
今問題になっている高等学校での履修不足の問題にしても,根底の1つはそれでしょうしね。
確かに理系の進学を考えていると,「社会(日本史,地理,世界史など)なんかいらない」って思ってましたから。

友人たちとのサークル活動(創作)をやっていくなかで,如何に自分が物を知らないかってところから,興味は(部分的にですが)わきましたが。
ただ,それ以外の部分ではそう簡単に頭に入って来ないのは変わらず(笑)


その意味では,今現在の中学,高等学校の教科書の(内容の)薄さは疑問です。
やっぱり,ある程度の幅広い量を(強制的にでも)一度は経験してみない事には,自分の興味関心なんて分かるはず無いと思います。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 8 9 10
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索