忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593]
 って,後始末が結構大変なのを忘れてました。

何がと言って,後のトリミングです。




 撮影した画像をそのまま画面に表示させると(保存形式を問わず),あたかも日章旗のように画面の中央部に円形に画像が出てきます。

そこまではいいんですよ。

問題は,そこから必要部分というか,画像部分だけの切り出し作業。

具体的に言うと・・・先ほど「日章旗のように」と言いましたが,円形に写っている画像部分の縁はかなりあいまいです。

従って,単純な選択操作では画像部分とそうでない部分(周囲の撮像素子に結像していない部分)をより分ける事ができません。

ついでに言えば,長時間露出によるCCDのノイズが周囲の暗部に出ているわけですが,単純な選択操作だとそこが残ることがあります。

ということで,どうするにしても結構手間は掛かるということです。


なので,せめてもの手助けということで,簡単なマスクをつくることにしました。

円形に写っている画像の縁が明確になるので,選択,トリミングもかなり楽になります。

まぁ,それ以前のViewNXでの調整がまるっきり手つかずで,TheGraphics[ペイント]での明るさ・コントラストの調整程度で終わってしまってますが。


まして,今回はタイミングが悪く,雲の広がりと重なったせいもあって,4枚しか撮影できていません。

・・・カメラ本体に搭載されている,長時間露出時のノイズ低減機能を試せたから良しとするべきかな。

って,それを評価するためには,その機能のオン・オフのみを切り替えて,露出時間を同じに揃えた2枚の画像が必要なんだという事に,今日になって気づくというオチが付きましたが・・・。


露出:52秒,長時間露出ノイズ低減:オフ トリミングのみ

露出:22秒,長時間露出ノイズ低減:オン 明るさ調整(+3)後にトリミング


うん。やっぱり露出時間がこれだけ違うとノイズ低減機能がどうこう以前の話だ。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索