忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589]
映画「宇宙戦艦ヤマト」主要キャスト発表…古代進役は木村拓哉(36)、森雪役は黒木メイサ(21)、佐渡先生役は高島礼子(45) 痛いニュース

>日本SFアニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」が初めて実写映画化され、木村拓哉(36)が主人公の古代進を演じることが2日、分かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は?



>木村拓哉(36)が主人公の古代進を演じる

待てぃ!!!!!


いや,そこもそうだけど,最大の疑問は

>1970年代から80年代に一大ブームを呼んだ人気アニメが、ついに実写化される。

なんで今更?



>実写化にあたり一部設定も変更。森雪は原作よりも戦う女性のイメージを強調し、アニメで中年男性だった医師の佐渡先生役に高島礼子(45)を起用するなど、一部キャラクターを女性にする。

>マイコ  ★相原 ヤマト乗組員、通信班
>高島礼子  ★佐渡先生 ヤマト艦内の医師
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

待て待て待て待て待て待て待て! ちょっと待て!!!!!

衣装デザインとか,小物のデザインとか,ヤマト艦内のデザインとかならまだしも,キャラクターの性別変えてどーする!?


>黒木メイサ  森雪 ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊

おまけに,役職まで変えたら・・・。
これって,ブラックタイガー隊長・・・あ,隊長じゃないから,加藤はそのままか。

それでも,少なくとも元々森雪の役職だった生活班長,調査・分析班長が別に必要になるわけで・・・新キャラ登場?

となると・・・当然ストーリーにも変動が・・・。


最低限,イスカンダルまで行って,コスモクリーナーを持ち帰って,って大本は変わらないと言うか,そこを変えたらヤマトじゃなくなるわけだが・・・。




 ぶっちゃけた話,「噴いた」どころの話じゃなく,「仰天した」レベルで収まるわけでもなく・・・全身全霊で「止めろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!」と絶叫したくなりました。
ええ。


と,気分的にもの凄~~~く悪い方向に突っ走りかけ,その勢いでコメント全てを読んでいるうちにちょっと落ち着いて気づいたこと。

>実写映画化され、

>映画化され、

ってことは・・・2時間程度だから・・・本編丸ごとは無理?
だから・・・映画の実写化・・・かな?

で・・・空間騎兵隊隊長の斎藤始がいるから・・・確か,ヤマト2・・・いや,映画だから,「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」・・・と考えるのが妥当か。


いやいやいや。

そんな枝葉末節どーでもよくて,こんな無茶な映画化,誰が企画したんだ。

子供時代の,最高レベルの思い出が・・・・・・。

止めてくれぇぇぇ(T_T)

PR

コメント
デスラー総統が
 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンさん(56)で、ズォーダー大帝がヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガーさん(俗名:82)なら全て許そう(笑)
(『さらば~』に近いと仮定して。あと斎藤さんは室伏広治さん(34)希望。アナライザーはmade in kitakyushuテムザック製で)


 それはともかく、キャストの半分くらい顔が思い浮かばないのには参りました。いくら私がドラマの類を見ないからってねぇ。こういった国民的素材を映画化するにあたってそれはどうよ? 大抜擢の新人とかならともかく。
(最後にまともに見たドラマは『冬のソナタ』の地上波本放送。その前は知る人ぞ知る韓国ドラマ『ザ・パイロット』 実は韓流ブーム以前から結構韓国ドラマ好き)

 何にせよ、殺伐とした戦闘映画になりそうな予感が。雪さんの存在が『守りたいもの≒地球』を象徴していたと思うのですが。


>日本映画で本格的に宇宙を描くのは史上初だ
 って、『さよならジュピター』を忘れるんじゃねぇよ!!(怒)

(ヤマトがちゃんと大和型をしているのか、その辺から心配)
【2009/10/04 16:37】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]
何と言うか・・・
 何でしょう。的確な,と言うか,的確すぎると言うか,そんな評価しか思い浮かばないキャスティングは。

>デスラー総統がウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンさん(56)で、
>ズォーダー大帝がヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガーさん(俗名:82)なら全て許そう(笑)
>『さらば~』に近いと仮定して。あと斎藤さんは室伏広治さん(34)希望。


 うん。
 画的には無茶苦茶ハマる。


>それはともかく、キャストの半分くらい顔が思い浮かばないのには参りました。

 半分くらい浮かぶだけでもマシかも(笑)
 顔が思い浮かぶのが西田敏行しかいません。ただ,釣りバカ日誌のハマちゃんのイメージが強すぎるというか,それ以外に浮かばないのが正しいですが。
 どっちにしても,あの禿頭髭もじゃの徳川彦左衛門機関班班長として適当かと言われても素直には頷けないのは確かです。

 それでも,西田敏行なら役作りとして坊主頭にするくらいはやってくれそうな気はしますが。


>アナライザーはmade in kitakyushuテムザック製で

 え~と,それはそれで非常に見てみたいというか,テムザックならやってくれると期待したいところですが,TBSがテムザックを知っているとはとても思えない・・・。

 ついでに言えば,下手に協力なんかして,テムザックも共犯みたいに思われるのも嫌だし。


>(ヤマトがちゃんと大和型をしているのか、その辺から心配)
 まさかとは思うが,ヤマトならぬヤマ卜(ぼく)じゃないだろうな・・・って,それこそ知らないか。
 Super Depth・・・また久方振りにやりたくなったな。
 アーカイブファイルがどっかに転がってるはずだから,また漁ろう。
【2009/10/04 21:17】 NAME[ナーラー・ヤナ] WEBLINK[] EDIT[]
ヤマ卜(ぼく)の方が
 まだマシなんてことが・・・遭ったらどうしよう(爆)

 「近隣諸国への配慮」とか言ってヤマトが単なる宇宙船型になったり(流石に『やまと』型はないでしょうが)、雪さんが実は機械の体だったり、佐渡先生が男性クルーに死亡フラグ立てまくったり(本命:島さん、対抗:斎藤さん、注意:真田さん)、先生じゃなくて徳川機関長が飲んだくれてたり、沖田艦長も酒に付き合ってたり、艦橋がフラットパネルばかりで松本メーターが一つも無かったり、宇宙羅針盤が影も形も無かったり、波動砲の照準がHUDだったり、デスラー砲の照準もHUDだったり、隊員服の班ごとの色分けが無くなったり、そもそも隊員服のデザインがごく普通のセーラー服だったり、スターシャさんが北九州空港受付のメーテルさんだったり、サーシャさん(妹)はやっぱり雪さんそっくりだったり、デスラー総統が「逢いたかったよヤマトの諸君」と言ってくれなかったり、ブラックタイガーが痛飛行機だったり、それをハ○ガワが模型化したり...etc

 なんてことが遭ったりしたら・・・はぁ(溜息)


 ここは一つ、主題歌をアルフィーにお願いして『打ち切りフラグ』を成立させるしか(笑)
【2009/10/05 20:57】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 8 9 10
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索