忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1607] [1606] [1605] [1604] [1603] [1602] [1601] [1600] [1599] [1598] [1597]
フォルダツリー表示が・・・なくなった?





 PC-98シリーズの,MS-DOS時代にコマンドラインからのファイル管理(コピー,リネーム,削除など)も,まぁ,何とか一通りこなせることはこなせたものの,やっぱり不満はあるわけで・・・と言うところから,友人が教えてくれたフリーソフトのFDに感激し,以来,それがなければ仕事にならない,というレベルまではまり込んでいました。

 パソコン利用の初期にそんな癖が付いてしまったためか,それ以降のファイル管理にしてもフォルダツリーというものがどうにも気に入らず,Windows95環境下で導入したGF/WinでもFDに近い表示(ファイル,フォルダの一覧)をメインで使用していました。

 それは,OSがWindows95 → 98SE → 2000 → XP → Vista → 7/8.1と移り変わり,それにつれてファイル管理ソフトがGF/Win → File Visor5/6/7と変わっても同じでした。


 ただ・・・それがどう作用したのやら・・・ふと気づくと,File Visorのウィンドウに,フォルダツリーが表示されていません。

 あれ?


 もちろん,インストール直後は表示されていました。

 が,前述のようにフォルダツリーをほとんど利用しない私は,その表示領域の幅を最小にしておいたのです。

 ・・・WindowsXPでインストールしているFile Visor5だと,フォルダツリーの表示領域が,幅はゼロになっているにしても存在しているのがちゃんと確認できて,表示領域の幅を広げることは出来ます。

 が,Windows7環境のFile Visor7では,フォルダツリーの表示領域の存在自体が確認できません。

 なぜ?


 ・・・いや,今更フォルダツリーの使い方に目覚めたのではなく,File Visor5のフォルダのクイックアクセスに変わる機能である,「しおり」を使ってみよう,ってだけなんですが・・・。

 File Visor5のフォルダのクイックアクセスはバージョン6で「しおり」という機能に変わったのですが,個人的にはフォルダツリーの下部に常に表示されているというその形式が気に入らなかったのは事実です。

 フォルダのクイックアクセスであれば,Alt+D→Qというキーストロークで呼び出すことが出来て,使用後は自動的にそのパネルが消えてくれるので,凄く便利に感じていたので,「必要ないときも表示されたまま」,「表示させるためには,不要なフォルダツリーも表示しておかないといけない」ということで,使ってなかったのですが・・・メイン環境がWindowsXPから7になって,File Visorも5から7となった以上は・・・クイックアクセスがないことを嘆いていてもしょうが無いから,存在している機能に慣れよう,と思ったわけです。


 が・・・その矢先に,使う以前の所でコケるとは思わなかったなぁ(苦笑)


 ・・・最悪,File Visorをアンインストールして再インストールか?

 それはそれで環境設定のやり直しで避けたいところではあるが・・・。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索