忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1602] [1601] [1600] [1599] [1598] [1597] [1596] [1595] [1594] [1593] [1592]
工夫してはいるんだろうが・・・

 その工夫が果たしてユーザーの賛同を得ているのかどうなのか・・・。





 と言う,微妙な事例に遭遇しました。

 いや,私個人だったら,問答無用で却下するような内容ですが。


 新規に購入したLenovo製の省スペースデスクトップ。

 初期設定のために配線して作業をしていったわけですが・・・まぁ,GUI環境であろうともショートカットキーの方が早い場面なんていうのはいくらでもあるわけです。

 で,ウィンドウを閉じるためにAlt+F4・・・に反応がない。


 あれ?

 と思って,もう一度。

 ・・・やっぱり反応がない。


 ふと思いついて,Fnキーを押しながら,Alt+F4で反応あり(ウィンドウが閉じた)。


 あぁ・・・これはまた一昔前の音量調整やらの機能優先の割り付けか。

 と,分かったところで,ノートパソコン(ThinkPadシリーズ)での対応例から試してみることに。


 以前のThinkPadシリーズでは,Fnキーを長押ししていると,ファンクションキー優先か,機能優先かの切り替えメニューが出てきたのですが・・・こいつはそうではない様子。

 ・・・って,それ以前のシリーズだと,BIOSに入らなきゃだめだったはず。

 面倒だなぁ・・・。

 と思いながら,設定作業を進めていたら,意外なところから解決しました。


 リカバリディスクを作成するツールがコントロールパネルに見当たらなかったので,スタートメニューを順に眺めていると・・・「Lenovo Slim USB Keyboard」というそれらしい名前のプログラムが。

 そいつを起動すると,切り替えのためのメニューが表示されました。

 ・・・英語表記でしたが,まぁ,十分意味はとれたのでいいとしましょう。


 しかしなぁ・・・やっぱりファンクションキー優先でないと受け入れがたいです。

 日本語入力IMEのF7~F10あたりは,自分の環境下ではほとんど使わないのですが(他のショートカットキーに割り付けてあるので),MDIのドキュメントを閉じる(Ctrl+F4),アプリケーションの終了(Alt+F4)は思いっきり多用してますからねぇ。

 更に言えば,桐,Shurikenなんかは,ソフトウェア自体がファンクションキーに機能を割り当てていますから,それが使えないと非常に面倒です。

 という環境なので,やっぱりファンクションキー優先は譲れません。


 ・・・キーボード上に物理的に切り替えスイッチが付いていれば,現状がどうなのかが,見ればすぐに分かるし,その場ですぐに切り替えが出来るから許せるかも(笑)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 8 9 10
13 14 15 16 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索