忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181]
先日,春の院展が某所で開催されていたので,出掛けて来ました。
・・・チケットがもらえたからこそ,とも言えますが(笑)

展示総数130点(同人33,入選作品97点)。
全般的に見応えはありました。

売店コーナーで,絵はがきとか数点買い込むくらいには。
琴線に触れた作品の絵はがきがもう数枚多かったら,絵はがきではなく作品集の冊子を購入していたでしょうが。


さて,そんな院展の作品を見ていて,ふと気付いたことが1つ。

同人の『雪韻(せついん)』という作品を見た時です。
第一印象は「あ,いいな」でした。
なんですが・・・ちょっと眺めているうちに何か奇妙な物足りなさを感じ,人気が少ないタイミングだったのをいいことに,近づいたり遠ざかったり,あるいは他の作品を見回したりしているうち,不意に気付きました。
「横の広がりが欲しいんだ」と

縦横どちらが長かったか憶えてませんが,正方形に近い長方形だったのは確かです。

そう気付いてから他の作品を見てみると(既に見たやつも戻ってみなおしたりして),それなりにいい感じがした作品の大半が,縦長・横長いずれにしても,それなりに明確に縦長・横長のものばかり。

黄金比って,概算で5:8ですね。そんな感じのが多いです。
いや,正方形に近い(あるいは大きくはずれた)縦横比でもいい作品は多いですよ。

たまたまそんなこと感じた。ってだけのことです。


って,そー言えば,なつかしのPC-98シリーズの標準画面は横640,縦400だから,比率は8:5。
黄金比の概略に近かったんだよなぁ(笑)

とか言いながら,普段使用しているPC画面のアスペクト比は基本的に4:3(1600×1200,1400×1050,1024×768,800×600)だなぁ。

一部,1280×1024と640×400もありますが。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/23 Larryexant]
[09/23 Jasonwef]
[09/20 Michaelplozy]
[08/03 ナーラー・ヤナ]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索