忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353]
「日本人に銛打っても許される」 豪州反捕鯨番組の異常さ (J-CAST) Infoseekニュース

>豪州で放送されたと思われるテレビ番組の映像が動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」にアップされ、捕鯨派と反捕鯨派がコメント欄で熱いバトルを展開している。この番組は、「調査のために捕鯨が必要というなら、日本人を知るために日本人に銛を打っても許されはず」といった論理で展開されており、「冗談」にしても度を超えている。日豪間の捕鯨をめぐる考え方の断絶は絶望的だ。

まずもって問題なのは,一般のマスメディアのほとんどがこの問題を取り上げていないことではないかと思ったり・・・。


ところで,世界で捕鯨をしている国は日本以外にもありますが,なぜオーストラリア人はそれらの国に何も言わないのでしょうか?

また,密漁している人達に何故何も言わないのでしょうか?


googleの検索結果「クジラ 密漁」




ついでに言えば・・・オーストラリアは過剰繁殖したからって理由で野性のカンガルーを駆除(薬物注射で安楽死)する計画を「環境大臣が承認」してるんですが・・・。
注:環境保護団体からの抗議で撤回はしたらしいですが。

更に言えば,食用やペットフード用の加工肉として,毎年200万頭のカンガルー処分を企業に許可しているわけですが・・・。


偽善者オーストラリア、カンガルーを毎年200万頭殺害 花散里


さて,以前にもリンクしたけど,やっぱりコイツもリンクしておこう。

「テキサスのステーキ屋に来て抗議してみやがれ!へっへっへっ」 テキサスのオヤジが反捕鯨団体に宣戦布告&日本を徹底擁護 痛いニュース
PR

コメント
クジラさんについて、
 ぶっちゃけ最近のオーストラリアは『変』です。
 「捕鯨について日本人との間で話題になったら徹底抗戦しなければならない!!」という風潮があるように思えます。それも『日本の南氷洋での調査捕鯨』に特化した形で。

 面白いのは、豪州に出張した同僚に現地サイドから「クジラの件は話題にしないでくれ」と依頼があって、こちらから話を振らなかったら豪州人も話をしなかった…という点です。
 単に動物愛護とか(あまり触れたくありませんが)日本排斥とかであればこうはなりませんよね?


 クジラさんLove教でも反日運動でもないとすると、昨今の日本捕鯨バッシングは何なのか?
 これ以上は陰謀論じみてきますのであまり触れませんが、豪州への移民やワーキングホリデーの申請がだんだん厳しくなっている(これは日本人だけではなくアジア系アフリカ系全般ですが)のは事実です。

 懐かしの白豪主義+南極領有権問題が絡んで…
【2008/04/07 21:33】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/19 Williamnouri]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
最新記事
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索