忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352]
「子供の喫煙」黙認した親 書類送検は警察のやり過ぎか (J-CAST) Infoseekニュース

>中高生の喫煙を黙認したとして、その親が書類送検されるケースが相次いでいる。「書類送検とは行き過ぎではないか」という声も出ているが、警察側は「法律違反であり、社会に警鐘を鳴らすために、微罪でもあえて記者発表した」としている。


意外と知られていないような気がするのですが,未成年者が喫煙していることを親(正しくは「親権者」)が知っていて止めずにいると,「親が処罰されます」。

それを定めているのが「未成年者喫煙禁止法」です。
その第3条に規定されています。


要するに,「未成年は判断力が未熟だから,悪いことは親の責任で止めさせなさい」ということですよね。
で,親が止めさせないというのは,「親としての責任を果たしていない」から処罰される。

という考え方なんだと思います。


> 未成年者の喫煙は法律違反だが、その親が書類送検されていることについて、ネット上の掲示板やブログでは様々な意見が出ている。「書類送検は行き過ぎ」という声も多くあり、
>「親の責任を法的に問うこともできる。でも他に指導できたはずだ」
>「これはちょっと可哀想だろ」
>「虐待に比べりゃ些細なこと」

些細な罪だからといって,見逃していいということにはなりません。
それに,「書類送検も一つの指導」だと思います。

自分がやったことが悪いことだと教えることも大事です。
と言うか,自分がやったことが悪いこと=やってはいけないことなんだと言うことをその時に教えないと(あるいは理解させないと),何度でも同じことを繰り返すと思います。
だって,やってはいけないことなんだと分かってないわけですから。

そういう意味でも,悪いことではないと思います。


> 母親を書類送検した広島県警はJ-CASTニュースの取材に対し、親が子供の喫煙を黙認しても「微罪(科料)」であり、本来なら記者発表する事案ではないが、今回は「社会に警鐘を鳴らすため」に記者発表した、と説明した。
>「法の違反があれば取り締まるのが私達の仕事。親は子供を育て、教育していくという、責任をもっと認識してほしい」

そう思います。


まぁ,今回の件に関しては,自分の煙草嫌い(他人が吸う事自体を否定はしませんが,煙も匂いも大嫌いです)だからこんな論調になっているって点は否定し切れませんが。
PR

コメント
う~ん
 コメントし辛い(苦笑)

 何せ、「タバコを吸うなとは言わん。吸うなら居間で灰皿を用意して吸え」と指導する両親だったもので。
 とはいえ、そういう両親の元に育った私がタバコを吸うかといいますと、過去も現在も全然吸っていないわけでして。(親も家では吸わなかったし)


 喫煙を黙認or容認する親を書類送検するなとは言いません(むしろどんどんやれ)。そういうリスクを負うのも親の責任です。


 でもまぁ、吸わんで済むならそれに越したことはないです。わざわざお金に火を付けて煙にしたあげく健康を害さんでもいいでしょ?
(麻酔医から誉められるくらい健康な呼吸器の持ち主としては、全身麻酔の際、気道切開のリスクを増大させる喫煙なんてアホちゃうかと)
【2008/04/04 09:50】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索