忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1237] [1236] [1235] [1234] [1233] [1232] [1231] [1230] [1229] [1228] [1227]
と,思わず呟いてしまいました。

 コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー1 龍と指輪と探偵団 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ)
を読んだ直後に。





 正確には,これを買おうと思った理由でもある,収録作の1つ,「女神さまのお気の向くまま」を読み終わった直後に。ですが。


 いえ,読み始める前の時点で既にいやな予感はしたんですよ。

 この本は「コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー」とあるように,過去のコバルト文庫の作品の外伝集です。「女神さまのお気の向くまま」を含めて4作収録されています。

 まぁ・・・かなり古い作品ですが,懐かしさはたっぷりです。

 で,この「女神さまのお気の向くまま」っていうのは,個人的には好きな作品なのですが,未完状態で何年放置されているのやら,という作品だったもので,見つけた時点で即決して,購入しました。


 が・・・本の先頭から順に見ていって・・・あ,最初は「龍と魔法使い」ね。これも結構おもしろかった印象は残ってるなぁ。いつの間にか読まなくなってたけど。

 次が「レヴィローズの指輪」? これは知らないなぁ・・・。

 で「東京S黄尾探偵団」。たまにコバルト本誌で読んだ分は面白かったっけ。 文庫本を買おうという気にはならなかったけど。

 ・・・って,マテ。

 この時点でこのページ数は・・・。

 そもそもの目的であるところの「女神さまのお気の向くまま」の分量って・・・。


 何故この巻のタイトルが「龍と指輪と探偵団」なのかが分かったような気がします。

 たった9ページって・・・何の冗談ですか。

 しかも・・・「つづく」って・・・。


 まぁ・・・唯一の救いは,2冊目も一緒に買っていたってことでしょうか。

 コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー2 ちょー聖霊と四龍島 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ)

 でもねぇ・・・。

 確かに続きは収録されていましたし,ちゃんと完結はしています。が,こちらの分量が15ページって・・・。


 こんなことやってる余力があるんなら,とっとと「破妖の剣」を完結させなさいってば。

 いや,久方ぶりに「女神さま~」の世界に触れられて,うれしくないわけじゃないんだけど,期待していただけに内容の薄さが・・・。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5 6
8 10 12
14 15 16 18
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索