忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372]
中央アジア,トルクメニスタンにある Darvaza という街に,「地獄の扉」と呼ばれている恐ろしいクレーターがあり,そこでは天然ガスがなんと35年間もの間,ずっと燃え続けているそうです。


35年間ずっと燃え続けている地獄へ通じるクレーター「The Door to Hell」 Gigazine

まるで「地獄への入り口」─ 燃え続けて数十年、中央アジアの巨大な穴 らばQ


>そもそもの発端は1971年、地質学者が採掘中に偶然、地下空洞が天然ガスで満たされているのを発見。しかし、採掘装置が置かれていたその場所は直径が約 50メートルから100メートルの大穴となって崩壊、このままでは有毒ガスが地上に漏れだしてくるため、火を付けてガスを燃やすことになったそうです。

ちなみにこのネタ,Gigazineでは今日(5月16日)のネタですが,らばQのほうでは3月26日には記事になっていました。
なので,「何で今更?」というのが第一印象ではありましたが。

ただ,らばQの方ではその時点では「正確なソース(情報源)が不明」ということでしたが,Gigazineの方では上記のようにかなり明確に記載があったので,確認が取れたんでしょうね。
だからこそ今更でも記事にしたのかも知れませんし。


しかし・・・これって,どう考えても天然ガスが尽きるまで放置するしかない,って感じですよね。

いや,先日のネタであるエバーグリーン所属の火災消火機(B747改造型)なら一発かも知れませんが。


そもそも消火する必要性があるのかって話が先ですが(笑)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 5 7 8
10 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索