忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620]
 WindowsXPに搭載されている機能の1つに,「固定キー機能」というのがあります。

ShiftキーやCtrlキーなどは,通常はこれらのキーを押しながら,別のキーを同時に押して使う物ですが,キーボードの操作が難しい人向けに,同時押しでなくても,同時押しと同じような挙動になるようにする機能です。

なんですが・・・これをオフにしたつもりでいるのに,実はオフにできていなくて,キーボードからの入力が変になると言う事が・・・新しいPCを使い始めるとその日のうちにはだいたい発生します。
要するに,今日も発生した訳なんですが(笑)




「コントロールパネル」から「ユーザー保護のオプション」を開き,「キーボード」タブの「固定キー機能」の欄にある「固定キー機能を使う(U)」のチェックを外している・・・だけでは何故かオフになっていないことが偶にあります。

その場合,右側の「設定(S)」ボタンから,設定ダイアログを開いて,「ショートカットキーを使う(U)」のチェックを外す必要があります。

これはがオンになっていると,Shiftキーを5回続けて押すことで,「固定キー機能」機能がオンになってしまいます。すると,その後はShiftキーを押す毎にShiftキーが押された状態と話された状態が切り替わるため,こちらはキーを放しているつもりなのに何故か入力がおかしい,ということになります。


実のところを言うと,XPを使い始めてから数ヶ月ほど,「ユーザー保護のオプション」ダイアログのチェックを外しておいたら,この機能は呼び出されない,と勘違いしていたわけですが・・・。

それなのにその機能が働く事が偶にあって,あれこれ試してみたら,そう言う意味ではなかった。と。


その後,同僚に聞いてみたところ,実は本人はさほど大きな問題とは思っていなかったけれど,知らずにその機能(固定キー機能)がオンになっていて困ったという事例は何件か出てきました。

さて・・・Vistaや今の7でどうなってるのかなぁ・・・。
Vistaではまた試しておこう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索