忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[1689] [1688] [1687] [1686] [1685] [1684] [1683] [1682] [1681] [1680] [1679]
寿命が見えてきたと言うか,潰れた後を考えなきゃいけなくなってきたと言うか・・・という機材が出てきました。





 今回,不調が顕在化したのはハードウェアMIDI音源である,SC-88VL(Roland製)。

 複数台のPCを使っている関係もあって,SC-88VLはミキサー(MX-5)や外部スピーカーとスイッチつきのテーブルタップからまとめて電源を取っています。

 自宅で事務仕事しかしないような時には,そのスイッチはオフにしたまま作業をしています。


 先週末から,そのテーブルタップのスイッチをオンにしたとき,つまり,通電直後のSC-88VLのディスプレイの表示がおかしな事になる場面が増えました。

 ディスプレイとは言っても,20年以上前の製品(発売はWikipediaによれば1995年)なので,自由自在に何でもかんでも表示できるわけではなくて,決められたパターンの中での表示になりますが,通電直後の表示のまま変化がありません。

 一応,本体にも電源スイッチはあるのですが,その状態では反応がない。

 と言うことで,単純にACアダプタからのケーブルを一度抜いてみました。

 そうすると,問題なく使える状態にはなったのですが・・・さて,それが頻発するとなると・・・どうしたものか。


 CPUや音源周りの性能が向上しているために,MIDIデータの再生だけであれば,無理にハードウェアMIDI音源でなければいけない理由はなくなってきています。

 ・・・PC-98のMS-DOS環境などと無茶を言わなければ(笑)


 実働環境を抱えている身としては,切り捨てるのもなぁ・・・。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/18 FrankWooto]
[08/03 ナーラー・ヤナ]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索