忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431]
私の子供を守るのは、武器を持たないあなたの手
では喉にものが詰まったらどうしたらよいのですか?

>こんにゃくゼリーをのどに詰まらせて亡くなった村田龍之介の事件を調べていて、驚愕した。
>既に事故当時の記事はウェブから消えて久しいのだが、事故状況について検索したところ
>「指導員が掃除機で吸い出そうとしましたが除去できずに」
>と記載してあるブログをいくつか見つけた。
>これを元記事の転載として話を進めさせていただく。

>確かに正月時分、なぜか例年のように
>「高齢者の喉に詰まった餅を掃除機で吸い出して救命」
>という旨の報道がなされているように思われる。
>が、これは極めてイレギュラーな処置であり、本来の救命救急法とは異なっている。

そう言えば、確かに正月時によくありますよね。喉につまった餅を掃除機で吸い出す,ってネタは。

ただ,本来の救命救急方法を知っているかと言われると・・・ハイムリック法(後述)と背中を叩く方法しか知りませんが。
って,それでいいのか。



>日本赤十字社の救命救急法のページから引用すると
>1 上腹部を突き上げる
>2 背中をたたく
>3 子どもの場合

注:上記引用の1番がハイムリック法の事です。

>とあり、口から掃除機を突っ込めとはどこにも書いていない。

え~~と。
そー言えば,素人が下手に取ろうとすると,逆に奥に押し込むのがオチだから,下手なことをするな。と言われたような憶えも微かに・・・。


>良い機会なので、各報道機関においては、こんにゃくゼリー問題の報道の際、必ず正当な救命救急法に基づく気道異物除去方法に言及し、こんにゃくゼリーのみでなくあらゆる異物による窒息死の防止に尽力していただきたいと切に願う次第である。

この部分には諸手を挙げて賛同します。
大地震などの災害に対する備え云々はよく報道されていますが,もっと身近にある危険に対する対処方法を常識にしていってほしいと思います。


また暇を見つけて,救命救急法の講習会に参加しておこう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/19 Williamnouri]
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
最新記事
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索