忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68]
人体モデリングソフトのPOSERですが ・・・・ なかなか簡単にはいかないです。
景観作成ソフトのBryceの方が遥かに簡単です。
まぁ ・・・・ 経験を積んでいる分の違いと言われれば,否定できませんが。

さすがに何もなしにやるのはBryceでこりたので,参考書として次の2冊を用意しました。

  

Figure Studio の方はバージョン5を使ってのものですが,基本的な操作の解説を中心にしているので,その辺りを頼っての購入です。
Figure Magic の方は内容は応用的な内容が中心ですが,バージョン6を対象にしているので,あってもいいかな。と。ついでに言えば,応用だけに「オリジナルフィギュアの作成」というセクションが設けてあるので。

しかし ・・・・ なんですな。
レンダリングの演算負荷を甘く見過ぎていたようです。
特に髪の毛関連の。

フィギュアに髪の毛をつけるだけでレンダリング時間が数倍以上(きちんと計測していませんが,下手したら10倍近く)になります。
って,髪の毛つけてなくても複数ある光源毎に影の計算をやったりしてれば,それだけでも結構時間は掛りますが ・・・・ 。

ついでに言えば,マルチスレッドへの対応がShadeよりも弱いという感じです。
タスクマネージャでレンダリング中のCPU使用率を見ると,トータルで50%程度です。それぞれのCPUコアを見てみると,結構激しく変動していますが,片方が高いときにはもう片方が低いという感じで,2つあるCPUコアを使い切っていないと見えます。
ただ,これが本当にソフトそのものがマルチスレッドに対応していないのか,ソフト内部でやっている計算処理の関係上マルチスレッド化ができないのか,あるいは現在のバージョン6ではそこまでマルチスレッドに対応していないのかは分かりませんが ・・・・ 。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索