忍者ブログ
Nalarが日々(?)思うことを徒然なるままに書き連ねる日記もどきです。 以下のアフィリエイトプログラムに参加しています。 ・Amazonアソシエイト・プログラム
[209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199]
「障害者」表記を「障がい者」へ  痛いニュース

もっと大事なことがあるだろうに・・・。

>「障害者」の表記を「障がい者」に見直す動きが、福祉関係者や民間団体の間で広がりをみせている。「害」という字に「害悪」「公害」など良くないイメージがあるため、当事者・家族が不快感を抱かないように-というのが主な理由。

そんな言葉狩り・・・というよりも,漢字狩りをしてどうする!?


>「害」という字に「害悪」「公害」など良くないイメージがあるため

って,もともとそういう成り立ちの漢字なんだから,当たり前です。
そんなこと言ってたら,他の漢字も使えなくなりますよ。

良くないイメージの漢字を使わなければいい。というのは間違いだと思います。
PR

コメント
残念ながら
 こういうことをことさらに騒ぎ立て、利益を得ようとする(得ている)団体が多数この国には存在しています。
 馬鹿らしいとは思いますが、無用なトラブルを招かないよう予防措置はせざるを得ないのが現実です。
 言葉遊びより大事なことがたくさんありますから。

(ご存知ですか?『里親』という言葉を、法律上の里親(被保護児童の養育者)以外には使わないよう主張する団体があるのを。
「被保護児童が犬猫と同じ扱いを受けているように感じるから」と、各地の保健所や役所に抗議し、結果役所等の広報から「犬猫の里親」「留学生の里親」といった文言が消えつつ(自主規制含む)あります。
 いやもうホントに馬鹿馬鹿しいとは思いますが、こういった団体に利益を与えない(啓発チラシを買えとか講習会に参加しろとか)ためにも、先手を打たないといけません)
【2007/09/02 16:00】 NAME[キツネソバスキー] WEBLINK[] EDIT[]
ほんとに
残念と言う他ないですよねぇ。

>こういうことをことさらに騒ぎ立て、利益を得ようとする(得ている)団体が多数この国には存在しています。

 それが何より残念だと思います。

>ご存知ですか?『里親』という言葉を、法律上の里親(被保護児童の養育者)以外には使わないよう主張する団体があるのを。

 それは初耳です。
【2007/09/02 21:26】 NAME[ナーラー・ヤナ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 8 9 10
13 14 15 16 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 ナーラー・ヤナ]
[01/15 キツネソバスキー]
[12/17 ナーラー・ヤナ]
[12/17 キツネソバスキー]
プロフィール
HN:
ナーラー・ヤナ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索